ミカルディスの画像

ミカルディスは高血圧症の改善に効果が期待できる医薬品ですが、使用する上では確認が必要です。キチンと血圧の数値を把握し、服用することで改善できるのでミカルディスのことを覚えておきましょう。

副腎で効果が出始めるミカルディスは妊婦は禁止

血圧を上げる体内物質にアンジオテンシンIIと言う物質があります。
アンジオテンシンの原料は肝臓で作られ、腎臓でアンジオテンシンIとなり、それがアンジオテンシン変換酵素でアンジオテンシンIIとなります。
血圧を上げる効果が高いのはアンジオテンシンIIなのです。
最初は、このアンジオテンシンIからアンジオテンシンIIに変換する酵素を抑える薬品が降圧剤として使われていましたが、咳などの副作用があり、ミカルディスが開発されました。
ミカルディスは副腎皮質にあるアンジオテンシン受容体と競合的に結びつき、体内を循環している血液の量を減らし、血管を拡張する事で、血圧を下げます。
さらにミカルディスには体内のカリウムとナトリウムの量のバランスをとり、退役の量を調節する働きもあります。
おもに高血圧症の治療に用いられ、心不全などの心臓病とか腎硬化症とか糖尿病性腎症の効果があると言われています。
適切な血圧を保つことにより、将来おこるかもしれない脳卒中や心臓病や腎臓病の予防につながります。
副作用が比較的少なく、1日1回の服用ですみ、長期的に使用できる利点のある薬です。
ミカルディスにも副作用があり、重い肝臓病や胆汁の分泌の悪い人やアリスキレンと言う同系統の降圧剤を飲んでいる糖尿病の人や妊婦はのんでいけません。
妊婦が飲むとお腹の羊水が減ったり、赤ちゃんが亡くなったり、生れた赤ちゃんが低血圧になったり、腎不全になったり、高カリウム血症になったと言う報告があります。
また、授乳中の母親もミカルディスが、母乳から赤ちゃんに移行することが分かっていますので、飲んではいけません。
特に飲み始めにめまいや立ちくらみを起こしやすいので、急にたちがらないようにしましょう。また高いところでの作業や車の運転には注意が必要です。