ミカルディスの画像

ミカルディスは高血圧症の改善に効果が期待できる医薬品ですが、使用する上では確認が必要です。キチンと血圧の数値を把握し、服用することで改善できるのでミカルディスのことを覚えておきましょう。

糖尿病予防との関係があるミカルディスと経過観察

ミカルディスは降圧治療に用いられる高血圧の治療薬です。アンジオテンシン受容体拮抗薬に分類される治療薬であり、レニンーアンジオテンシン系に作用することによって降圧効果を発揮します。ミカルディスは降圧作用を持つだけでなく、PPARγを活性化する経路にも関係します。そのため、ただ血圧を下げるだけではなく、脂肪細胞によるアディポネクチンの分泌を介した様々な効果を発揮することができると知られるようになってきています。アディポネクチンが分泌されることによって、脂肪細胞における脂肪代謝が促進されたり、血管における修復作用が活性化されたり、インスリン抵抗性が改善されたりするといった様々な効果が現れます。また、心筋の肥大を抑制したり、動脈硬化を予防したりする効果もあることから、高血圧に伴う合併症の予防に高い効果を発揮するものとして期待されています。特に注目されているのが糖尿病との関係であり、インスリン抵抗性の改善効果があることによって2型糖尿病患者の糖尿病の改善や、糖尿病の合併にも効果があるとされています。そのため、生活習慣病としての本態性高血圧にかかってしまっている人にはミカルディスを処方するというケースが増えつつあります。しかし、確実に予防ができるというわけではないため、経過観察を行っていくことは大切であり、定期的に血液検査などを行って糖尿病になっていないかということを確認していくことは大切です。高血圧は腎臓に負担がかかることから糖尿病のリスクを高めてしまうのは事実であり、降圧治療を行っていても常に懸念しておくことが大切になります。合併することによって動脈硬化のリスクも高まってしまうことから十分な観察を行っていくことが必要です。